ニーズを読む

必要事項

直近の事業推進案件で必要な資金の、最低限10パーセントは、1年前から自分の銀行口座に預金しておける環境を示せるようになってからです。
開業にしても、設備投資や事業資金の綿密なプランによって、目論見として利益が必要になります。
例えば、製品を作っても、どんなにすばらしい商品でも、販路がなければ売れません。
店舗経営も、設備投資や資材の仕入れの資金を持ち、販売して客からの売り上げを回収して、仕入れや人件費など必要経費を除いた利益が出るまでの期間の、自分たちの年俸が、確保出来るかで、成功が決まります。
信用を得て、投資してもらえるかどうか、逆に自分が投資する立場を想定して考えれば、事業計画書の重要さがよくわかります。
金融機関の融資も同様です。

創業融資

ベンチャー企業が起業するにあたって、過程で赤字経営に落ち込むことが多いため、銀行や信用金庫などの民間金融機関からの融資は難しい状況にあり、頭を悩ませます。
公的金融機関である日本政策金融公庫の新創業融資制度があります。
新創業融資制度は、無担保、無保証、低金利で借りられ、融資限度額も大きく、利用しやすいです。
創業融資計画書を提出して、融資可否を判断します。
事業計画書が重要な理由です。
会社の事実上の設立をしていないと、創業融資を受けられません。
雇用の創出を伴う事業である、起業と同じ業種の会社に6年以上勤務経験がある、大学で修得した技能等と密接に関連する職種に2年以上継続勤務等の、詳細な要件をクリアしていなければ申し込めません。


この記事をシェアする