照会後、抵触しないと発表

士業の独占と言ってもいい

事業者が新事業を行う前に、事業の規制の適用の有無を政府に照会し、担当する大臣に確認を行った上で、法による規制が発生するか否かを答える流れとなっています。
あくまで、制度は照会のあった事業についてのみである点に注意が必要です。また、該当法令における取り扱いについてのみであり、他の法令等における判断を示すものではないそうです。
法律の分野においては、定型的な業務が多く、ITでの効率化の可能性が高い。
事業者のサービスの開発者が、改良や開発を安心して行うことが出来るとして、グレーゾーン解消制度による効力は大きいことがわかります。
事業者が照会をして適用と回答されたのは、判断の総件数の1パーセント以下ですが、期待が出来ます。

グレーゾーン解消制度の活用

事業を営むものが法的規制を犯していないかどうかを事前に確認し、自社サービスに自信を持って提供できる、または新規の事業展開を望むような計画を確認できる制度をグレーゾーン解消制度と呼びます。
あるサービスを提供する企業からの照会に対し、回答を担当する関連省庁が慎重に検討を行い、詳細についての回答をしたところ、問題ないと発表された、というケースがありました。
一般の利用者が、有料で使えるサービスで、商標登録したい文言が登録可能か、利用者が調べたり、各種作成をサポートするソフトウエアを使って、利用者が作成するので、専門家である弁理士に依頼するより経費が安くて済む、システムです。
事業者の報酬もソフト利用料とされ、弁理士の代理業務の報酬ではないこと、が前提です。


この記事をシェアする